糖尿病

日本では40歳以上の10人にひとりが糖尿病といわれています。
食事をすると、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が上がります。それをエネルギーとして使うため、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるのですが、このインスリンが出ない、または出てもうまく動かなくなるのが糖尿病。糖尿病が急激に発症すると、エネルギーとなるブドウ糖が全身に運ばれにくくなり、体重が激減します。

糖尿病は高血圧、肥満、高脂血症の引き金にもなり、病状が進めば失明や肝機能の低下など次々に重い合併症を伴います。

糖尿病の症状
  • のどが渇く
  • 尿の回数が多くなる
  • 全身がだるい
  • 目がかすむ(視力の低下)
  • 尿に甘い匂いがする

血糖値スパイク

食後、血糖値が急激に上昇し、その後、急降下する「食後高血糖」を『血糖値スパイク』といいます。血糖値が激しく変動することによって、食後に眠気・頭痛などを感じることもあります。

この状態を放置しておくと、II型糖尿病になるリスクが高くなり、動脈硬化の進行が早まるとも言われています。他にも、糖尿病・認知症・がん・心筋梗塞・脳梗塞などさまざまな病気につながる可能性があります。

問題は、通常の検査では「血糖値スパイク」の症状が見つけにくいこと。なぜなら通常の検査で調べる“空腹時血糖値”はそれほど高くない為、血糖値の平均値は正常なまま。だから、通常の健康診断では見つけづらいのです。

食後、急激に血糖値が上昇すると、急に増えた血液中の糖は血管内部にダメージを与えます。これで繰り返されることで、心筋梗塞・脳梗塞が起こる可能性を高め、糖尿病やガン、認知症になるリスクが上がる可能性が示されています。

血糖値スパイクの検査と治療

「食後高血糖」かどうかは、空腹時に図った血糖値からは判断ができません。食後に血糖値を測り、ご自身の血糖値の上がり方を調べてみましょう。食後高血糖だった場合、改善するには食事の内容・食べる順番に注意したり、食後の適度な運動が大切です。また食後高血糖の改善を目的としたお薬もありますので、これらを適切に使用することで食後高血糖はコントロールすることができます。血糖値について気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。