診療案内

動脈硬化とは

動脈硬化を起こした血管図

動脈硬化とは、文字通り「動脈が硬くなる」こと。
動脈(心臓から送り出される血液を全身に運ぶ血管)が硬くなると、血液をうまく送り出せず心臓に負担をかけてしまいます。

また、動脈が硬くなると血管の内側がもろくなり粥腫(じゅくしゅ)(コレステロールなどがたまりこぶ状になること)ができ、血管の中がせまくなったり詰まったり、粥腫がはがれて血液中をただよい細い血管を詰まらせたりします。

動脈硬化は、加齢とともに誰もが進行します。つまり20歳の人と70歳の人を比べれば70歳の人の方が動脈硬化が進行しています。しかし、同じ70歳の人でも動脈硬化の進行程度は様々です。動脈硬化は加齢以外にも以下のような動脈硬化の主な危険因子が関わりあい徐々に進行していきます。

動脈硬化の主な危険因子

  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 痛風、高尿酸血症
  • 喫煙

これらの危険因子を多く持っていればもっているほど、動脈硬化の発症率は高くなっていきます。

自分では気づきにくい動脈硬化

心疾患と脳血管疾患を血管がボロボロになる動脈硬化性疾患に起因する疾患だと考えると、日本人の約4人に1人が動脈硬化性疾患で亡くなっていると言えます。死亡原因として最も多い癌でも全体の約3割なので、動脈硬化性疾患は癌に匹敵する怖い病気です。

しかし、動脈硬化は自覚症状を伴わないため、自分では気がつくこができません。何の前触れもなしにある日突然、心筋梗塞や脳梗塞が襲ってくることもあり、一切治療を受けることもできないまま亡くなってしまうケースが多発しています。

血管・動脈は年々加齢現象が進み次第に弾力性が失われていきます。血管動脈硬化性疾患の予防・早期発見に血管年齢の測定が有効であることから、「人は血管とともに老いる」というウィリアム・オスラー(1849~1919)博士の有名な言葉が再評価されています。「病気の治療」から、「健康な人のさらなる健康」を指導する予防医学・アンチエイジング(抗加齢)の観点からも、血管年齢は大事な指標となります。自分の血管年齢を把握し、生活習慣を見直して適切な処置をし、若くて弾力性のある血管・動脈を維持することが重要です。

動脈硬化検査

脈波、エコー超音波のほか、メタボリックシンドローム検査の併用等、多角的な検査機器を使用することで動脈硬化性疾患(脳血管疾患・心疾患等)を予防・早期発見していくことができます。

さらに、動脈硬化そのものを測定する検査が重要視されてきています。現在の検査装置では、血圧の影響を受けないで血管固有の硬さを測定できる「大動脈を含む心臓から足音までの動脈の硬さを反映させる指標」CAVIを用いて血管の硬さだけでなく血管の詰まり具合も測定が可能です。

また、動脈硬化の重要な指標として頚動脈IMTの計測も重要。超音波のプローベ(深触子)を頸部(首)に当てて頚動脈の性状を調べる検査です。痛みもなく10分程度で検査が終了し結果もすぐ分かります。前回の診断結果と比較することで手軽に動脈硬化の進行状況が分かります。

エコー画像

エコー画像

超音波診断装置
超音波診断装置
超音波診断

血管を若返らせた実例

現在70歳になる患者さんの例をご紹介します。2006年1月、66歳のときに検査をしたところ、血管の硬さを示す数値CAVIが10.1と動脈硬化の疑いがありました。そこで生活習慣の改善と継続的に飲み薬を服用しつつ検査を続けたところ、2010年11月にCAVIは8.2とほぼ正常範囲まで下がりました。

同じ人に行ったIMT診断でも、2009年9月の診断では総頚動脈左前側面の厚みが0.72mmと依然として「やや高め」であった状態が、2010年11月には、0.70mmと「正常の範囲」、「血管年齢66歳」(実年齢70歳)と改善しています。
このように生活習慣の改善と治療によって血管を、若くて弾力性のある健康な状態に回復し保つことが不可能ではなくなっているのです。

IMT診断&評価表

各種超音波検査

アテローム性動脈硬化の進行度を高精度に管理し、取り込み画像を保存、解析結果をわかりやすくご説明します。
従来では難しかった甲状腺・乳腺などの描写が鮮明にわかり、またリアルタイムの血流情報が取り込めるので検査の時間が短縮されます。

頚動脈エコー検査

心臓から脳にいく血管(総頚動脈・内頚動脈・外頚動脈・椎骨動脈)の動脈硬化の程度を調べる検査です。人体に無害な超音波を使用し、動脈の壁の状態を調べます。

頚動脈エコー検査
頚動脈エコー検査

腹部エコー検査

腹部(肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・腎臓)の動脈硬化の程度を調べる検査です。また、胃腸・大動脈・子宮・卵巣・前立腺・膀胱など腹部の臓器は一通り検査することができます。人体に無害な超音波を使用し、臓器の状態を調べます。

腹部エコー検査
腹部エコー検査

血圧脈波検査

両腕・両足の血圧と脈波を測定し、初期~重度の動脈硬化や足の動脈の狭窄(きょうさく)を調べます。

血圧脈波検査
血圧脈波検査