点滴療法

点滴療法について

おきた内科クリニックスタッフ

点滴療法とは、癌(がん)やパーキンソン病といった病状の回復から、予防や再発の防止、加齢や現代人の偏った食生活、ストレスなどから引き起こされる諸症状の改善やアンチエイジングなど幅広い健康のニーズに応えられる、症状の改善を目的とする医療行為です。

また、症状や身体の状態に合わせて必要なビタミンや有効成分を静脈内に投与できるため、サプリメントを経口で摂取するのに比べ、非常に高い効果を直接的に働きかけることが期待できる治療法です。

お客様一人一人のお悩みに対して最適なメニューをご提案でき、お一人お一人にオーダーメイドで治療を受けていただくことができることも点滴療法のメリットでもあります。

欧米での点滴療法の現状

欧米では現在、科学的に根拠のある様々な点滴療法が医療の現場で広く行われています。

高濃度ビタミンC点滴療法は、米国国立衛生研究所(NIH)や国立癌研究所(NCI)が注目し、カンザス大学やジェファーソン大学では卵巣がん、子宮がん、悪性リンパ腫の患者に対しての臨床研究が進められています。
高濃度ビタミンC点滴療法は1万人以上の医師が癌治療に採用しています。

グルタチオン点滴療法は南フロリダ大学でパーキンソン病に対する臨床研究が行われています。

各種点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法 美肌効果、健康維持はもちろんのこと、癌(がん)治療法として注目を集めている超高濃度ビタミンC点滴療法。
グルタチオン点滴療法 様々な有害物質から脳を守る療法で、パーキンソン病にも有効とされているグルタチオン点滴療法
マイヤ-ズカクテル点滴療法 偏頭痛、慢性疲労など日々悩まされている症状をやわらげる効果があるマイヤーズ ・カクテル点滴療法
その他 ビタミン療法, 白ニンニク注射, 黄ニンニク注射, セミ・マイヤ-ズカクテル点滴療法, プラセンタ注射療法
おきた内科クリニックスタッフ