おきた内科クリニックでは「かかりつけ医」としてすべての生活習慣病の治療・予防に対応してきています。
また、内視鏡専門医として、内視鏡併設型医院もめざしています。苦しくない内視鏡はもちろんのこと、癌の早期発見を通じ、連携病院での早期治療へと継げていきます。

今現在、看護師・医療事務・検査技師を募集しています。
求人情報をご覧の上、ご希望の職種にご応募ください。

https://www.okita-naika.com/our-clinic/recruit/

みなさまのご応募をお待ちいたしております。

新型コロナウイルスの抗体検査を実施しています。

一般的に感染症の診断は、

・急性期(症状が現れている時期)にウイルスを検出して確認するPCR検査、抗原検査
・回復期には抗体検査

が実施されます。
抗体検査は新型コロナウイルスに感染していたかどうかを調べる検査法(定性検査)です。
当クリニックの取り扱う抗体検査キットでは、新型コロナウイルスへの感染歴が確認できる2種類の抗体(IgM・IgG)の有無を検査することが可能です。抗Nタンパク質抗体と新たに抗Sタンパク質抗体を同時に検出できます。抗Sタンパク質抗体検出によりワクチン接種前の確認、およびワクチン接種後の抗体確認が期待されます。変異ウイルス対応です。

結果は検査後15分~30分で判明します。検査料は、5500円(税込)となります。

また、ロッシュ、シ-メンス、アボット社の抗体定量検査も実施しています。結果判定にシ-メンスの検査では2~3日、他は5~6日を要します。検査料は6600円(税込み)となります。

ご希望の方は予約をお願いします。なお、風邪症状のある方はご遠慮ください。

ご不明な点はクリニックまでお問い合わせください。(2021年9月6日 更新)

院長からのお知らせ(2021/05/01 再掲)


「当院の職員、患者様が新型コロナ感染に感染した。」という噂があるようですが、全くの嘘・デマです。

「当院の職員が感染した」
そうした事実は全くありません。
当院は、感染症対策実施医療機であり、全員健康に勤務しています。

「通院中の患者が感染した」
感染場所、感染源、日時は保健所により特定されています。

*感染場所は当院院内ではありません。該当患者の家庭内、当院以外の介護施設内での感染です。
*感染源は保健所により特定されています。感染源に該当する方は当院への受診も一度もなく、当院はクラスタ-調査対象になっていません。
*感染日時は特定されています。感染日時は前回受診時から次回受診の間で発症しています。潜伏期にも、発症後も当院受診の事実はありません。

新型コロナウィルスに対する当院の対応について


急性の感染症の方と生活習慣病等の定期治療中の方が同じ待合室にならないようにするため、症状に応じた受診対応を行っています。
下記の症状がある方は医院内に入る前に必ず電話をしてください。

・発熱のある方
・かぜ症状(せき・喉の痛みがある方)
・下痢・腹痛などの方
  
おきた内科クリニック 受付は、082-841-0033
(電話を持ち合わせていない方はインターホンで)

車内またはご案内する待合室でお待ちいただき、受付から順次ご案内いたします。
ご理解、ご協力のほどお願いいたします。
 
                              おきた内科クリニック 院長

この度、新たに『関節リウマチ』ページを開設いたしました。

30~60歳代の女性に多く見られるリウマチですが、早期診断・早期治療が決め手になってきます。

朝起きると手がこわばっている、関節に痛みや腫れがあり、疲労感があるetc….こんな症状が出たらお早めに病院へ!

この度、新たに『消化器専門外来』ページを開設致しました。

おきた内科クリニックの「消化器専門外来」では、診察から検査、治療までの流れを一貫して院内で完結できることが特徴です。

通常の内科診療の場合、胃カメラ検査や大腸カメラ検査を行うことができず、検査においては他院を紹介されるというケースが多くありますが、当院ではそのような心配はありません。検査を行い、適切な治療を施すまで院内で完結できます。

また、当院では24時間web予約で対応しております。 「院内での待ち時間を短縮したい」、「隙間時間を有効的に活用して診察を受けたい」という方や、少しでも気になる症状がある方は、ぜひweb予約で日時を指定して当院をご利用ください。

腰・膝・肩関節痛・関節リウマチ』のページに、“Alter G”のご紹介動画を掲載しました。

“Alter G”を使えば、自然な歩行や走行の状態を維持しながら免荷できるので、様々なリハビリテーションやトレーニングに活用できます。動画でもご覧いただけるように、空気圧を利用して自重を免荷した状態で、下肢への負担を軽減し、積極的なリハビリテーションが可能になります。

ご興味のある方は是非ご来院ください。

[路線名、時刻などを掲載予定]

おきた内科クリニックでは、療養を希望される方のご自宅・施設に定期的に訪問して診察を行っています。
通院の手間が掛からず、診察のタイミングを逃す心配も無用です。

■訪問診療のご案内
www.okita-naika.com/home-visit/

定期的な訪問診療(在宅医療)で適切なケアを。
お申し込みは、お問合せフォーム、もしくはお電話にてご連絡ください。

メディア掲載事例に
『女性に役立つ 広島ホスピタルガイド 2020年』
『中国新聞』(2020年03月20日)「新型コロナで続く自粛生活 ちゃんと動いて、ちゃんと食べよう」
を掲載しました。

当クリニックと院長の取材記事が掲載されています。

詳しくは『当院のご紹介』で御覧ください。

当院ではスマホでオンライン診療が受けられるアプリ「curon(クロン)」を使って、4/27(月)からオンライン診療を始めることとしました。

■オンライン診療について
https://www.okita-naika.com/online-medic/

オンライン診療は、ビデオ通話を用いた診療形態であり、これまでの制度では厳密な条件が付されていたことから、ごく一部の患者さんのみ提供されてきました。

しかしながら、今回の新型コロナウイルス感染症流行拡大に伴い、医療提供が必要な患者さんが感染を恐れ受診を控えている、また医療提供側も院内での感染拡大のリスクがある、といった問題が生じていることから、初診の患者さんへのオンライン診療提供が時限的に緩和されることとなりました。

具体的には、初診でも、高血圧症、脂質異常症、花粉症、慢性胃炎、COPD、甲状腺機能低下症・亢進症、関節リウマチ、骨粗鬆症、認知症等も対応可能となります(ただし、数か月以内の健診結果、血液検査結果、家庭血圧の測定結果等をオンラインで提示が必要となります)。また、保険診療対象外のAGAの診察も対象となります。

オンライン診療後は、薬局に処方箋がFAXで送られ、ご自宅まで宅急便でお届けすることもできます。
その後、療養計画に基づき、3か月に1回のペースで来院して対面診療をしていただくようにになります。

オンライン診療にあたっては、まず、
1)クロンのアプリをご自身のスマートフォンにダウンロードしてください。
2)当院の医療機関コードをご登録ください。

オンライン診療の特徴は、ビデオ通話を用いることで視覚情報、音声情報をタイムリーに得られることにあります。

ご希望の方は、当院スタッフまでお声がけ、電話・メールにてご連絡ください。
※疾患や処方内容によってはご利用いただけない場合がございます。


curon(クロン)ご案内チラシ