当院のご紹介

皆さまの視点を重視した最新かつ適切な治療の実践

健康づくりのために

病気になった時の不安、治療に対する不安・・・。
私たちはそんな皆さまの不安を取り除き、
落ち着いた環境で治療に専念していただくことを重視しています。

ご挨拶

おきた内科クリニック院長から皆さまへ

おきた内科クリニック院長から皆さまへ病気になった時の不安、治療に対する不安・・・。

私たちはそんな皆さまの不安を取り除き、落ち着いた環境で治療に専念していただくことを重視しています。疾病の早期発見・早期治療はもとより、迅速な診断 と治療方針の決定や、専門スタッフによる適切な指導・助言を心がけることにより、あらゆる不安を取り除き、癒しの環境の中で「健康」に 生活していただくためのお手伝い。

それが私たちの最大の責務と考え、地域の皆さまの健康の保持促進へ貢献いたします。

沖田 英明

院長略歴

医師・鍼灸師 沖田 英明

1958年広島市生まれ。地元広島学院高校卒業後、京都、大阪、富山にて東洋医学、近代西洋医学を学ぶ。

日本老年医学会 老年病専門医・日本内科学会 認定内科医・日本消化器内視鏡学会専門医・日本リウマチ財団 リウマチ登録医・日本糖尿病協会 療養指導医・認知症サポート医・広島県医師会認定かかりつけ医・日本抗加齢医学会 学会員・日本喘息学会 学会員

診療理念

皆様の視点を重視した最新・適切な治療の実践

皆様の視点を重視した最新・適切な治療の実践皆さまは“迅速に、少ない苦痛で、身体機能を失わずに、軽い費用負担で病気を治したい”と考えておられるのではないでしょうか?
私たちの治療における最大の目標は、そのご要望に応えることです。 そのため、治療方針の選択に際しては皆さまのQOL(クオリティオブライフ)に十分配慮しながら、最適の治療を追求していきます。そして、最新の医療機器の整備に合わせて和漢薬・鍼灸治療などの東洋医学的診療にも主眼をおきつつ、診療情報の収集に努め、その知識を持った経験豊富で心優しいスタッフが的確なアドバイスをいたします。

メディア掲載事例

『女性に役立つ 広島ホスピタルガイド 2020年』におきた内科クリニックが紹介されています。特集記事も含めて読み応えのある記事が掲載されています。是非ご一読ください。

メディア掲載事例

メディア掲載事例

メディア掲載事例

『中国新聞』(2020年03月20日)「新型コロナで続く自粛生活 ちゃんと動いて、ちゃんと食べよう」に当クリニック院長(日本老年医学会・老年病専門医)の取材記事が掲載されました。高齢者のみなさまは「生活不活発病」にご注意ください。

メディア掲載事例

『中国新聞』(2007年10月13日)イチオシ健康法③

メディア掲載事例

RCC放送(2017年9月7日放送)「体の中から、外から、秋の準備を万全に」静老さんに灸を施術

スタッフ紹介

スタッフ紹介 地域の皆様方の健康をお守りするために
スタッフ一同は地域の皆様方の健康をお守りするために、安全で質の高い責任のある援助を提供致します。そのためにスタッフ一人ひとりが常に人格を養い豊かな感性を高め、笑顔とやさしい言葉で行き届いた治療を受けて頂けるようにスタッフ一丸となり頑張っています。

安心と信頼のネットワーク体制

安心と信頼のネットワーク体制万全の病診連携・介診連携
患者さんの治療・快癒をめざすために、「病院」と「診療所」で緊密な連携を取り合って、互いに連携をとりながら各々の得意とする分野を担当します。

安心のネットワーク体制

施設紹介

施設紹介 広島県「福祉のまちづくり条例」に適合した施設です

当クリニックは「広島県福祉まちづくり条例」で定める適合整備基準に適合した施設です。

施設紹介

おきた内科クリニックについて

所在地・交通アクセス

所在地

〒739-1732 広島市安佐北区落合南1-11-15
TEL: 082-841-0033
FAX: 082-841-0034

交通アクセス

県道37号線(高陽中央通り)沿、マックスバリュ高陽店近く。バスでお越しの方は、「下岩ノ上」バス停で下車してください。お車でお越しの方はクリニック前の駐車場をご利用ください。

駐車場

駐車場クリニック敷地内に5台、道路向かいの角地にも5台(交差点北側)、あわせて10台分の駐車スペースを確保しています(写真・緑色の部分)。

診療科目

※この表は横にスクロールできます。

● 内科 ● 循環器内科 ● 消化器内科 ● 呼吸器内科 ● 糖尿病内科
● リウマチ科 ● 老年内科 ● 内視鏡内科 ● 漢方内科 ● リハビリテーション内科

診療時間について

診療時間
8:30〜13:00 -
16:00〜19:00 - - -

:8:30~14:00

おきた内科クリニックの医療方針

  1. 診療ガイドラインやEBMに基づき、個別性に配慮した安心と満足のいく良質な医療を行います。
    EBM(Evidence-ased Medicine)とは、できるだけ質の高い根拠を把握した上で、診療を行うための診療指針のことです。
  2. 東西医学を補完・融合させた診療を行います。
    和漢薬・鍼灸を併用し、互いの長所を組み合わせ、安心と満足のいく良質な医療を目指します。
  3. 患者さんの権利・意向を尊重(インフォームド・コンセント)した医療を行います。
    病気についての説明を受け、十分な納得と同意の上で適切な医療を選択し受けることができます。また、医療上の個人情報は保護されます。
  4. 地域の皆様が自分らしく生活するための在宅医療(往診)に取り組みます。また、介護施設との介診連携を行います。
  5. 高度先進医療機関、専門病院への紹介窓口としての機能を果たすため、病診連携を行います。
keyboard_arrow_up