大腸カメラ検査

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査とは内視鏡スコープの先端にカメラが付いており、大腸粘膜を直接観察できます。検査の途中で、組織採取して病理検査をすることができます。大腸カメラ検査は、大腸がんの早期発見が唯一できる検査であるほか、幅広い病気の確定診断が可能です。また、検査途中で大腸ポリープを見つけた場合は、その場で切除処置が可能です。ポリープの切除は、その場で日帰り手術ができるので、患者様の負担も軽く済みます。検査途中に切除できるため、入院の準備や別日で来院する必要がありません。検査前の食事制限や、下剤の服用など、1度で済みます。また、検査中出血を見つけた場合も、検査途中で止血処置ができます。当院では、鎮静剤を用いた検査を実施しております。眠ったような、リラックスした状態で検査を受けられます。最新の内視鏡機器の導入や、技術の高い専門医による検査のため、精緻で正確な検査を短時間で実施することが可能です。大腸カメラ検査をご希望の方は、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

当院の大腸カメラ検査の特徴

特徴1 経験豊富な内視鏡専門医による大腸カメラ検査

特徴1経験豊富な内視鏡専門医による大腸カメラ検査当院の大腸カメラ検査は、高い技術と経験豊富な内視鏡専門医が対応しております。精緻な検査を短時間で行うことが可能なので、大腸カメラ検査における患者さんの苦痛を軽減できます。

特徴2 最新の内視鏡システム

特徴2最新の内視鏡システム当院では、オリンパス社の最新内視鏡システム「EVIS X1」を導入しております。特殊光NBIで観察することで、血管や炎症を強調して画像を処理できたり、拡大したり、ワイドアングルによって微細な病変を発見できます。優れた機能によって、精緻な検査を短時間で行うことが可能です。

特徴3 カスタマイズ内視鏡

カプセル内視鏡検査を導入しています

カプセル内視鏡検査を導入しています

カプセル内視鏡検査は、通常の肛門からスコープを挿入する大腸カメラ検査と違って、カプセルを内服するだけで内視鏡検査を行うことができます。直径約10mm、長さ約30mmの大きさのカプセルには、LED光源・バッテリー内臓の小型カメラが2個装備して、最大35枚/秒の速さで大腸腸管内を撮影できます。カプセルを水と一緒に飲むだけで、腸管内部を観察することができるため、これまでの大腸カメラ検査における精神的・身体的苦痛が少ない検査です。カプセル内視鏡検査の主な特徴は以下の通りです。

特徴①体を傷つけない(侵襲性が低い)
特徴②体への負担や苦痛がない(鎮静剤不要)
特徴③放射線被ばくの心配がない
特徴④恐い・恥ずかしいなどの精神的苦痛がない

特徴4 鎮静剤で眠ったままの検査が可能

特徴4鎮静剤で眠ったままの検査が可能当院では、ご希望の方に鎮静剤を用いた検査を実施しております。眠ったままのリラックスした状態で検査ができます。

特徴5 二酸化炭素ガス送気でお腹の張りを抑えた検査を実施

特徴5二酸化炭素ガス送気でお腹の張りを抑えた検査を実施通常の大腸カメラ検査では、大腸に空気を送って膨らませますが、当院の大腸カメラ検査では二酸化炭素ガスを送って膨らませます。吸収されやすい炭酸ガスは、呼気として体外に排出されるので、お腹の張りを抑えた検査が可能です。

特徴6 大腸ポリープ切除可能

特徴6大腸ポリープ切除可能当院では、大腸ポリープの切除手術を日帰りで実施しております。大腸カメラ検査の途中で大腸ポリープが見つかった場合は、その場で切除できます。発見されたポリープが大きかったり、たくさんあったりする場合や、形状に異常がある場合は入院手術治療となります。この場合は、連携する医療機関をご紹介しております。

特徴7 リカバリースペース完備

検査が終了した後は、鎮静剤が覚醒するまでリカバリースペースにて、ゆっくりとお休み頂けます。リラックスしてお過ごしください。

特徴8 土曜日の検査に対応

当院では、土曜日の大腸カメラ検査に対応しております。お仕事などで平日の検査が難しい方も、スムーズに検査を受けることができます。

大腸カメラ検査で分かる疾患

大腸カメラ検査で分かる疾患は、以下の通りです。

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 虚血性大腸炎
  • 潰瘍性腸症候群
  • 大腸憩室・大腸憩室炎 など

大腸カメラ検査で分かる疾患大腸疾患に多く見られる、便秘・下痢・腹痛・血便などは、日常的に食べ過ぎや運動不足によっても現れる症状です。また、血便はいぼ痔などの初期症状として見られることもあります。ただし、これらの症状は、重篤な大腸疾患の場合でも現れるため、注意が必要です。このため、症状の重症度と病気の深刻度は比例しません。
大腸カメラ検査では、大腸粘膜の全体を直接確認できるため、早期に病変を発見できます。さらに、検査途中で組織を採取・病理検査から確定診断が可能です。特に、大腸ポリープや早期大腸がんのほとんどは自覚症状がなく、気付いた時には重篤な大腸がんとなることが多くあります。大腸カメラ検査は、まだ症状がない段階で受けることで、大腸ポリープや早期大腸がんを発見できます。さらに、検査途中で大腸ポリープを見つけた場合は、その場で切除手術できるため、将来の大腸がん予防にも非常に有効です。

大腸カメラ検査の流れ

1検査2日前

便秘傾向が強い方は、2日前から下剤を服用して頂きます。

2検査前日

食事朝食、昼食、夕食は全検査食をお召し上がり頂きます。または、消化の良いものを摂取するよう当院より指導を行います。 午後八時頃から下剤を服用していただきます。下剤の服用方法については、来院時に当院より詳細をお伝えさせて頂きます。

3検査当日

大腸カメラ朝食は取らずにご来院下さい。常用薬(降圧剤、心臓病の薬など)は必ず服薬して下さい。午前10時までに下剤を服用して下さい。(便の状態によっては検査を実施できない場合があります。)下剤の服用が完了したら、吐き気止めを1錠服用します。午後にご来院いただき、専用の検査着にお着換えいただいてから検査を開始致します。

大腸カメラ検査費用

※この表は横にスクロールできます。

検査内容 1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 2,500円程度 7,500円程度
大腸カメラ+病理組織検査 3,000~5,000円程度 10,000円~16,000円程度
大腸内視鏡ポリープ検査 7,000~10,000円程度 20,000~30,000円程度

よくある質問

大腸カメラ検査では保険適応となりますか?

基本的に、大腸カメラ検査は保険が適用されます。ただし、医師が大腸カメラ検査の必要性はないと判断した上で、患者様の希望により大腸カメラ検査を実施した場合、保険は適応されません。

大腸カメラ検査の費用はいくらですか?

上記に記載している料金表をご確認下さい。

大腸カメラ検査に掛かる時間はどれくらいですか?

大きな問題が無ければ、基本的には15~20分で終了します。場合によっては30分程お時間が掛かることもあります。

大腸カメラ検査時に必要な持ち物はありますか?

特に必要な持ち物はありません。

受診当日に大腸カメラ検査を受けることはできますか?

A. 大腸カメラ検査は事前処理が必要になりますので、当日での検査対応は基本的に行っておりません。

簡単1分!大腸がんセルフチェックシート

大腸がんは早期の段階で発見できれば高い確率で治すことができます。しかし、大腸がんの初 期段階においては、自覚症状がほとんどないと言われています。痛みもなく、気づかないのが初期の段階です。したがって、疑わしい症状が現れた場合は早く検査を受けることが大切です。

あなたの大腸がん危険度

※この表は横にスクロールできます。

番号 質問項目
1 運動不足である
2 お酒をよく飲む
3 肉やハム、ソーセージなどの加工肉をよく食べる
4 肥満である
5 タバコを吸う習慣がある
6 便秘と下痢を交互に繰り返す
7 おならが急に臭くなった
8 排便したいのに出ないことが多い
9 便にドロッとした粘液・黒っぽい便が混じる
10 排便したのに便が残っている感覚がある
11 お腹に違和感がある
12 便が細くなる、ぽろぽろとした小さい便が多く出る
13 貧血が続く
14 お腹が張ったような感じがする
15 血便が生じるときがある

あなたの大腸がん危険度は…

  • 大腸がん危険度「低」
    チェックが0~5個:
    大腸がんの可能性は低いです。大腸がんの早期発見ができるよう、定期的に検査を受けるようにしましょう。
  • 大腸がん危険度「中」
    チェックが6~10個:
    大腸がんの可能性があります。大腸がんの確認は様々な検査で行えますが、当院では安価で簡単に実施できる内視鏡検査を推奨しております。
  • 大腸がん危険度「高」
    チェックが11~15個:
    大腸がんの可能性が極めて高いです。早急に内視鏡検査を実施することをお勧めします。
keyboard_arrow_up