便秘

便秘外来

便秘便秘でお悩みの方は非常に多く見られますが、専門的に治療を行っている方はあまりいないとされています。便秘は、適切な治療で改善できる疾患です。特に、便秘でお悩みの方で長年市販薬を使用し続けて、さらに病状を悪化させているケースが多いのが現状です。便秘を長く放置すると、肛門や腸へ大きな負担がかかり、全身状態へ悪影響を与えてしまいます。また、重篤な疾患の症状として便秘となっていることがあるため、便秘でお悩みの方は、一度便秘外来にご相談ください。当院の便秘外来では、専門の医師が患者様の症状やお悩みを丁寧に伺い、適切な治療を行っております。

以下のようなお悩みはありませんか?

  • 3日以上便が出ない
  • 便が硬い
  • 排便してもスッキリしない
  • 残便感がある
  • 便に血液が混じっている
  • お腹が張っている
  • 膨満感が苦しい
  • 薬を服用しないと便が出ない
  • 便秘薬の量が増えた
  • 常に服薬して下痢状態にしておかないと排便できない
  • 便秘が続いているので肌荒れが酷い
  • 下半身がむくんでいる

便秘とは

便秘とは、排便がないだけではなく、排便しても満足できない状態も指します。 2017年発表の「慢性便秘症診療ガイドライン」(日本消化器病学会関連研究会)では、便秘を「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義しています。このため、毎日排便があってもスッキリと満足できない状態でしたら便秘とされます。一方、毎日ではなく2日に1度の排便でも、スッキリと満足している場合は便秘とは言いません。

便秘を放置すると

便秘を放置すると、様々な合併症を引き起こす可能性があります。排便を上手く行うことができず必要以上に力んでしまった場合、痔や裂肛(肛門が裂けてしまうこと)、直腸脱(直腸が肛門から外部に出てしまうこと)を引き起こします。 また、便が過度に直腸内に詰まってしまうことで、宿便(痙攣や痛みが生じる病気)になってしまう可能性もあります。上記のような可能性があるため、便秘を楽観的に捉えるのではなく、悪化してしまう前に病院で適切な治療を受けましょう。

便秘の原因

主に食生活や運動不足などの生活習慣・ストレス・大腸疾患・環境の変化など、便秘の原因は多岐に渡ります。特に、水分不足や食物繊維不足などは、便秘を引き起こしやすいとされています。また、便意があってもなかなかトイレに行けずに我慢してしまったり、排便習慣が乱れて便秘が起こったりする場合もよく見られます。さらに、腸内細菌バランスが崩れることも便秘に繋がるなど、便秘の原因を特定することが重要です。場合によっては、重篤な疾患の症状として便秘が起きていることもあるため、便秘でお悩みの方は、なるべく早めに当院までご相談ください。

フレイル便秘

高齢者になると足腰の筋力が委縮(サルコペニア)してきます。いきむ際に収縮する腹直筋(横紋筋)だけでなく、大腸の収縮(平滑筋)する筋力も低下します。高齢者の筋力低下は排便を促す筋肉でも同じように低下し、男女問わずに加齢とともに便通障害が増加してきます。

便秘の種類

便秘には、蠕動運動機能低下による機能性便秘と、原因疾患による続発性便秘とに大きく分類されます。さらに、便秘のタイプが細かく分かれていて、それぞれに応じた治療を行っております。

機能性便秘

便意の低下が原因で、便が直腸まで問題なく便が到達しているのは結腸通過時間正常型、便が直腸まで到達するのに時間がかかるのが結腸通過時間遅延型となっています。その他、排便機能の低下が原因で排便困難となるのが便排出障害型とされます。機能性便秘には、排便機能のその部分に支障があるかで以下のタイプに分けられます。

弛緩性便秘

腸管の蠕動運動や腹圧の低下によって、便をスムーズに押し出せない状態です。特に、高齢の方に多く見られます。

痙攣性便秘

過敏性腸症候群に含まれる便秘です。下剤服用による刺激によって起こることもあり、腸管の蠕動運動が過度に亢進すると小さいコロコロとして便が排出されます。

直腸性便秘

生活習慣などで便意を我慢することが多くなると、直腸の排便反射が弱まり、便意を感じにくくなってしまいます。また、シャワートイレを高い水圧で使用したり、浣腸を頻繁に行ったりすると引き起こります。

続発性便秘

器質性便秘

大腸がんや腸疾患の手術後、腸の癒着などが原因で合併症が起こることがあります。場合によっては、手術治療が必要となります。

肛門直腸疾患

切れ痔をそのまま放置することで、肛門が狭窄してしまい便秘となります。治療は、肛門を拡げる日帰り手術を検討されます。

その他

筋疾患や神経疾患などの場合と、内分泌・代謝疾患の治療薬・降圧剤や向精神薬などの薬剤の影響で起こる場合があります。

便秘外来の診察と検査

当院の便秘外来では、患者様のプライバシーに十分配慮して診療を行っております。受付などで症状や病名を出すことはありませんので、どうぞ安心してご来院ください。

問診

問診では、便秘の症状やお悩みを丁寧にお伺いしております。排便状況や検査・触診などで便秘の種類とタイプを診断します。患者様のお悩みやライフスタイル、ご要望などを相談しながら、一緒に治療方針を決めております。

検査

問診・腹部の触診を行います。また、腹部X腺検査で便秘の状態を確認します。必要に応じて、大腸カメラ検査や血液検査を実施しております。

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)

大腸粘膜を直接観察できます。大腸カメラ検査は、大腸疾患の幅広い診断が可能です。便秘をはじめ、大腸ポリープや大腸がんなども大腸カメラ検査で確認できます。当院の大腸カメラ検査は、苦痛を最小限に軽減できる無痛大腸カメラ検査を行っております。大腸カメラ検査が苦手な方も、どうぞ安心してご来院ください。

大腸カメラ検査はこちら

治療法

生活習慣の見直し

食生活や運動習慣・排便習慣などを見直していきます。また、水分摂取量や食物繊維の摂取量も便秘に大きな影響を与えています。当院の便秘外来では、患者様の生活習慣やライフスタイル、ご要望などをお伺いしながら、適した治療とアドバイスを提案しております。

薬物療法

長期にわたる頑固な便秘には、薬物療法を行っていきます。患者様の便秘の症状や年齢・生活習慣などに応じて、適した薬剤をきめ細かく処方しております。薬剤には、継続して使用できるものと、一次的に使用した方が良いものがあります。効果の現れ方は、人それぞれのため、患者様に一番適した薬剤や量を処方しております。

keyboard_arrow_up