内視鏡ドック+人間ドック

内視鏡ドックのご案内

内視鏡ドックのご案内一般的な住民健診や企業健診では、高血圧、糖尿病、脂質異常症、貧血、および肝機能や腎機能のチェックが主ですが、これらの健診だけではすべての病気が発見されるわけではありません。特にがんのような疾患は、基本的な健診ではなかなか見つかりにくいものです。例えば「胃がん検診」や「大腸がん検診」は、標準の健診には含まれていないことが多く、希望者のみ追加で受けることができます。特に大腸がん検診では、便潜血検査が一般的ですが、この検査が陰性でも大腸がんがないとは限りません。
内視鏡ドックを推奨する理由は、胃がんや大腸がんなどを高い精度で発見できるためです。40歳を超えたら、たとえ症状がなくても一度は内視鏡検査を受けることをお勧めします。

自費診療による内視鏡検査について

国民皆保険制度では、治療が必要な病気に対して患者が診療費の一部を負担し、残りを保険組合が支払うことで医療が提供されます。しかし、「家族が癌になって不安なので検査したい」や「今まで内視鏡検査をしたことがない」という理由だけでは、保険診療での内視鏡検査は受けられません。
健康な人、つまり症状がない場合は自費診療となりますが、40歳を超えると胃がんや大腸がんのリスクが高まります。これらのがんは初期には症状がないことが多いため、症状がない段階での内視鏡検査が推奨されます。ただし、問診に基づいて内視鏡検査の必要性が認められる場合、保険診療が適用されることもありますので、医師にご相談ください。

胃内視鏡ドックの利点

胃がんの主な原因:ピロリ菌

ピロリ菌かつては、胃内は強酸性のため細菌が存在しないとされていましたが、1982年にオーストラリアの医師によって胃内にピロリ菌が発見されました。この発見以降、ピロリ菌が胃がん、萎縮性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫の原因であることが明らかにされ、現在では胃がんのほとんどがピロリ菌による感染が原因であるとされています。これにより、胃がんは感染症の一種とも考えられるようになりました。

ピロリ菌の除去による胃がんの予防

ピロリ菌の除菌は、胃がんの発生リスクを大幅に減少させます。特に胃炎が軽度の場合や若年期に除菌を行うことで、胃がんの予防効果が高まります。
胃内視鏡ドックでは、胃カメラ検査と同時にピロリ菌検査が可能です。保険診療では、胃炎の確定診断がないとピロリ菌の検査はできませんが、内視鏡ドックではその制限がありません。検査でピロリ菌感染が確認された場合は、除菌治療も受けられます。

大腸内視鏡ドック

年々増加する大腸がん

男性ががんに罹患する確率は60%、女性は45%とされています。これは2人に1人が生涯でがんを経験することを意味します。日本では年間約37万人ががんで亡くなり、3人に1人ががんで亡くなる時代となっています。特に、大腸がんで亡くなる方の数は増加傾向にあり、女性では大腸がんががん死亡原因の第1位です。しかし、大腸がんは定期的な検査や生活習慣の改善によって予防できるがんの一つとされています。

大腸がんは症状が出てからでは遅い

腹痛女性大腸がんは初期にはほとんど症状が現れず、血便や腹痛、便秘・下痢などの兆候が見られた時には、すでにがんが進行している場合が多いです。そのため、早期発見が非常に重要とされています。内視鏡を用いた早期検査により、がん化する可能性があるポリープの発見と切除が可能であり、これにより大腸がんの発症を効果的に防ぐことができます。ただし、症状がない場合、現行の医療保険制度では検査は保険適用外(全額自己負担)となります。そのため、保険診療を希望する場合は、症状が出るか、検査で異常が見つかった時点でのみ、内視鏡検査を受けることができます。

大腸がんは治療よりも、予防することが重要

大腸がんは発見が遅れがちなため、予防と早期発見が不可欠です。
大腸がんは、正常な大腸粘膜から大腸腺腫、限局型大腸がん、進行大腸がんへと進展するとされています。大腸ポリープの診療ガイドラインでは、6mm以上の腺腫性ポリープは切除対象とされています。定期的な内視鏡検査ではこれらのポリープを発見・切除することで、大腸がんによる死亡リスクを減らすことができます。そのため、大腸内視鏡ドックは大腸がん予防において非常に重要です。

内視鏡ドックの流れ

1ご予約

ご予約内視鏡ドックは完全予約制となっております。予約は、WEBまたはお電話で承っております。

2事前来院(大腸カメラ検査を受ける方のみ)

事前来院大腸内視鏡検査を含むコースでは、検査前日と当日に下剤の服用が必要です。
詳細説明のため、事前に必ず、ご来院いただきます。

【お持ちいただくもの】
  • マイナンバ-カ-ドまたは健康保険証(必ずご持参ください。)
  • お薬手帳(お持ちの方)

3検査当日

検査当日スムーズに検査を受けていただくため、予約時間の15分前にはクリニックにお越しください。

【お持ちいただくもの】
  • マイナンバ-カ-ドまたは健康保険証(必ずご持参ください。)
  • お薬手帳や健診資料(ご持参いただけると診断の参考になります)

4診察と内視鏡検査

内視鏡まず、医師による問診を行い、その後に内視鏡検査を実施します。
胃カメラと大腸カメラ両方を受けられる方は、胃カメラ検査に続いて大腸カメラ検査を行います。

5結果説明

検査終了後、医師が結果を詳しくご説明いたします。組織検査やポリープ切除を行った場合は、後日改めて来院していただく必要があります。

検査費用 AI内視鏡によるサポ-ト付き

※この表は横にスクロールできます。

検査内容 価格
眠ってできる胃カメラコース(内視鏡専門医対応) 18,000円(税込)
眠ってできる大腸カメラコース(内視鏡専門医対応) 23,800円(税込)
イブニング胃カメラコース(午後4時~)
眠ってできる胃カメラコース(内視鏡専門医対応)
16,500円(税込)
アフタヌ-ンドック(午後受付)
人間ドック(基本健診+α)
+眠ってできる胃カメラコース(内視鏡専門医対応)
29,800円(税込)
人間ドック(基本健診+α)
+眠ってできる胃カメラコース(内視鏡専門医対応)
29,800円(税込)
人間ドック(基本健診+α)
+眠ってできる大腸カメラコース(内視鏡専門医対応)
37,400円(税込)
新入社員キャンペ-ン
雇用時検診+眠ってできる胃カメラコース(内視鏡専門医対応)
ピロリ菌検査 新入社員キャンペ-ン
24,200円(税込)

*大腸内視鏡検査はNEC社の「WISE VISION Endoscopy」、胃内視鏡検査はAIM社の『gastroAI model-G』によるAI内視鏡による診断支援付
α:検査項目

オプション

※この表は横にスクロールできます。

検査内容 価格
動脈硬化検査
(生活習慣病が気になる方、不摂生の方おすすめ。血管年齢がわかります)
3,000円(税込)
スパイロメーター検査
(喫煙者の方おすすめ。肺機能、肺年齢がわかります。)
1,500円(税込)
腫瘍マーカー検査 3項目 
4,500円(税込)
4項目 
6,000円(税込)
PSA検査 1,200円(税込)
男性ホルモン検査 2,000円(税込)
clear
初めての胃カメラ検査胃カメラ検査 初めての大腸カメラ検査大腸カメラ検査
keyboard_arrow_up