過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)とは

腹痛女性炎症や潰瘍・がんなどの器質的異常がないにも関わらず、下痢や便秘・腹部膨満感・腹痛などの症状が慢性的に繰り返し起こる状態を過敏性腸症候群(IBS)と言います。胃腸の蠕動運動など腸機能の異常によって起こるとされています。これは、胃腸が自律神経でコントロールされているため、ストレスが大きな影響を及ぼしていると考えられています。その他、食習慣をはじめ、腸内細菌叢バランスなども影響しているとされています。

症状

過敏性腸症候群は、それぞれタイプ別に分かれています。下痢型・便秘型・交代型・膨満感が起こるその他のタイプなどがあります。これらのタイプ別に、症状や治療方法が異なります。

下痢型

不安や緊張などがストレスとなり、突然強い腹痛に襲われて激しい下痢が起こります。どこにいてもトイレに駆け込まないといけないので、トイレに間に合わなかったらどうしようという不安や心配もストレスとなってしまいます。突然の腹痛や下痢症状がストレスとなって、また症状を繰り返す悪循環を招いてしまいます。 特に、通勤や通学・試験・面接・テスト・会議など緊張が伴う場面が苦痛になり、次第に日常生活に支障を及ぼします。過敏性腸症候群は、早めに適切な治療を行うことで改善が可能です。このため、気になる症状がある場合は、なるべく早めに当院までご相談ください。

便秘型

強くいきんでもなかなか排便できず、小さくて硬い便が少ししかでないため、残便感が伴います。腸痙攣などの機能異常によって便が停滞することが原因です。この場合、便を出そうと強いいきみを毎回行うことで、切れ痔やいぼ痔を起こすことがあります。また、市販の便秘薬を使い続けることで逆に悪化させてしまうことがあるため、辛い便秘が続く場合は、なるべく早めに当院までご相談ください。

交互型

便秘と下痢を繰り返し起こす状態で、激しい腹痛が伴います。便秘が続いても下痢によって便秘が解消すると誤解して放置するケースが多く見られますが、この場合肛門や大腸に負荷がかかり、重篤な疾患リスクが高まってしまいます。激しい腹痛が伴い、便秘と下痢が繰り返し起こる場合は、適切な治療を受ける必要があります。気になる症状がある方は、早めに医療機関を受診してください。

その他

腹部の膨満感・お腹が大きく鳴る腹鳴・おならが漏れ出てしまうなど、排便とは違う部分で症状が現れるタイプがあります。

原因

緊張した場面で症状が起こりやすく、睡眠時に症状が起こらないことから、ストレスが大きく関与していると考えられています。なお、腸の蠕動運動過剰や機能低下・腸の痙攣などの機能障害によって症状を起こしているとされていますが、明解な原因は分かっておりません。

診断

往症の有無・服用中の薬・病状・発症のきっかけについてなど、問診で詳しくお伺いしています。この時、不安に思っていることや生活習慣などについてもお聞きします。過敏性腸症候群の症状と、その他の大腸疾患の症状は同じことが多いため、炎症や潰瘍など器質的異常の有無を調べる必要があります。この場合、大腸カメラ検査や血液検査を行います。当院では、鎮静剤を用いた無痛の大腸カメラ検査を実施しております。最新の内視鏡システムを導入し、経験豊富な技術の高い専門医師による精緻な検査が可能です。患者様の負担を最大限軽減しながら検査をすることができるので、不安な方もどうぞお気軽にご相談ください。

大腸カメラ検査はこちら

RomeIV基準

器質的異常がないと判断された場合、RomeIV基準という世界的に標準化された基準によって診断していきます。

診断方法

以下の項目のうち2つ以上当てはまる症状が、過去3カ月以内に平均1週間に1日以上、また6カ月以上症状が続いているなどで診断していきます。

  • 排便すると症状が緩和する
  • 症状と共に排便回数が増減する
  • 症状と共に便の形状が変化する

治療

過敏性腸症候群のタイプ別や症状によって、適した治療をきめ細かく行います。当院では、辛い症状を緩和することを優先した診療を行っております。なお、治療自体をストレスなく継続することが非常に重要なため、無理のない範囲で行って適切な治療を行っております。生活習慣の改善など分かりやすくご説明しておりますので、気になることがありましたら、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

生活習慣の改善

食生活

過食を避けます。食べ過ぎを防ぐため、決まった時間に1日3回食事を摂ります。水分を十分に摂取し、刺激の強い香辛料やアルコール・カフェインなどを控えて、栄養バランスの取れた食事を提案しております。

運動

ウォーキング・やや速足の散歩・1駅分歩く・階段を歩くなどの日頃のちょっとした運動を習慣的に行います。

生活

睡眠や休養をしっかりととります。入浴はしっかりと湯船に浸かり、趣味などで気分転換を行うなど、ストレスを上手に発散する工夫をしていきます。

薬物療法

腸症状を改善する対症療法が中心となります。薬剤の種類が豊富で、効能などがそれぞれ異なるため、患者様の病状や体質・既往症・ライフスタイルなどに応じて、きめ細かく処方しております。 薬物療法を行うことで、症状が変わるなど病状の変化に応じて処方内容を変えていきます。治療を進めながら、その都度症状を伺い、その時の最適な処方に微調整しております。効果や症状の現れ方についても、お気軽にご相談ください。

過敏性腸症候群でお悩みの方はお気軽にご相談ください

当院では、辛い症状に悩む患者様に寄り添い、症状が緩和・改善に向かうよう適切な治療方法を提案しております。特に、過敏性腸症候群は完治が困難な病気とされているため、症状と上手に付き合う方法を見つけることが重要です。長年お悩みの方や治療自体を諦めている方など、一度当院までお気軽にご相談ください。

keyboard_arrow_up