胃カメラ検査

胃カメラ検査内視鏡スコープの先端にあるカメラで、食道・胃・十二指腸などの上部消化管粘膜を直接観察できます。経口と経鼻いずれかからスコープを挿入します。検査の途中でポリープや腫瘍など異常が見つかった場合は、組織採取して病理検査をすることができます。ピロリ菌感染や胃がんなど幅広い疾患を早期に発見することが可能です。アニサキス症の場合は、内視鏡でアニサキスを摘出することで、速やかに激痛を緩和することができます。また、潰瘍による出血がある場合は、止血処置もできます。
胃カメラ検査は、粘膜の色や性状から多くの情報を得られるため、がんの早期発見に非常に有効です。

当院の胃カメラ検査の特徴

特徴1 経験豊富な内視鏡専門医による胃カメラ検査

経験豊富な内視鏡専門医による胃カメラ検査当院の胃カメラ検査は、高い技術と豊富な経験のある消化器内視鏡専門医が行っております。精度の高い検査によって、胃カメラ検査における患者さんの苦痛を軽減し、疾患の早期発見と正確な診断が可能になります。

特徴2 最新の内視鏡システム

特徴2最新の内視鏡システム当院の胃カメラ検査では、オリンパスの最新内視鏡システム「EVIS X1」を導入しております。「EVIS X1」は、NBIという特殊光によって微細な病変を発見できます。

特徴3 カスタマイズ内視鏡

特徴3カスタマイズ内視鏡当院の胃カメラ検査では、経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査があります。最新の内視鏡システム導入によって、いずれも検査も優れた画質が得られ、精緻な観察が可能です。患者様のご希望の方法をお選び頂けます。ただし、鼻の疾患があったり、鼻腔が狭かったりする場合は、経口内視鏡検査をお勧めしております。当院の経口内視鏡検査は、極細のスコープで繊細な操作が可能なので、苦痛が伴う刺激を最小限に抑えることができます。従来の胃カメラ検査が苦手な方も、麻酔や鎮静剤を用いながら苦痛を軽減させながら楽に受けて頂くことができます。鎮静剤を使うことで、ウトウトと眠ったようなリラックス状態で検査することが可能です。なるべく患者様のご要望やご希望に沿いながら検査を進めております。気になることや不安なことがありましたら、お気軽に当院までご相談ください。

胃カメラ検査のカスタマイズをお勧めする方

  • 麻酔量を最小限に抑えたい
  • 検査中も医師と会話していたい
  • 嘔吐感が苦手な方
  • 歯磨きをするだけでオエッとなるため不安
  • 検査の後、車の運転を予定している
  • 検査中も一緒に画像を見たい
  • 院内で過ごす時間を短くしたい
  • 胃カメラ検査が苦手な方
  • 胃カメラスコープに不安がある
  • 鎮静剤を使ってリラックスしながら検査したい

鎮静剤で眠ったままの検査が可能

鎮静剤で眠ったままの検査が可能当院では、鎮静剤を用いた検査によって、眠ったままの状態でリラックスして検査を受けることが可能です。ご希望の方には、鎮静剤を使った検査を行っております。
さらに、極細の内視鏡スコープを使うことで、胃カメラ検査における苦痛や不快感を大幅に軽減できます。検査所要時間が短く、スムーズに進むのが大きな特徴です。

特徴4 リカバリースペース完備

特徴4リカバリースペース完備検査が終了した後は、鎮静剤が覚醒するまでリカバリースペースにて、ゆっくりとお休み頂けます。安心できる空間でリラックスしてお過ごしください。

特徴5 土曜日の検査に対応

当院では、土曜日の検査に対応しております。平日、お仕事などで忙しくて検査ができない方も、胃カメラ検査を受けて頂けます。

胃カメラ検査で分かる疾患

胃カメラ検査で分かる疾患は、以下の通りです。

  • 胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃ポリープ・十二指腸ポリープ
  • 胃がん・食道がん・十二指腸がん
  • 機能性ディスペプシア
  • 逆流性食道炎
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 胃アニサキス症の診断と治療
  • ピロリ菌感染の有無 など

胃カメラ検査で分かる疾患胃カメラ検査では、食道・胃・十二指腸粘膜を直接観察できます。色や性状の変化によって、粘膜状態を精緻に調べることができます。特に、胃もたれや胸やけ・胃痛などの症状は、食道・胃・十二指腸のいずれの疾患にも共通して現れます。また、激しい胃痛は食べ過ぎただけでも起こりますが、胃がんが進行した状態でも症状がないことも多く、症状の強さと重篤度が比例していないことも度々あります。
胃カメラ検査では、途中異常が見つかった場合は、組織採取を行って病理検査をすることで確定診断が可能となります。疾患の早期発見のためにも、慢性的な症状や気になる症状がある場合は、胃カメラ検査を受けることをお勧めしております。
特に、ご家族に胃がん罹患者がいる、ピロリ菌感染リスクのある方は、一度胃カメラ検査を受けることをお勧めしております。当院では、ピロリ菌除菌治療も実施しております。気になる症状がある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

胃カメラ検査の流れ

1診察

診察まず問診を行います。胃カメラ検査の前日や当日の朝の注意点などをご説明します。食事や服薬など、検査前日から気を付けることがいくつかあります。問診を行った後に、胃カメラ検査の予約をしてください。なお、当日検査のご希望の方は、検査における食事や服薬の条件を確認した上で、ご相談ください。

2検査前日

検査前日検査を午前中に受ける場合は、前日の夕食は21時までにお取りください。21時以降は絶食を心がけてください。水分は、お水や薄いお茶など糖分のない透明な飲み物で摂取してください。

3検査当日

検査当日検査開始30分前にはご来院ください。また、鎮静剤を用いた検査をご希望の方は、来院時の車やバイク・自転車の運転はお控えください。以下の手順で検査の前処置を行います。

4ご来院

ご来院

検査開始30分前にはご来院ください。また、鎮静剤を用いた検査をご希望の方は、来院時の車やバイク・自転車の運転はお控えください。以下の手順で検査の前処置を行います。

  1. 問診
  2. 経鼻か経口をお選びください
  3. 経口胃カメラ検査で鎮静剤をご希望の方は、点滴を行います
  4. 鼻または喉の麻酔・胃の泡を消す内服薬などの前処置を行います

5検査

検査検査にかかる所要時間は、約5~10分ほどです。検査途中で組織採取を行う場合は、もう少しかかります。

6検査終了

検査終了鎮静剤を使った場合は、検査終了後リカバリースペースへ移動し、30分ほどリラックスした状態でお休み頂きます。

7結果説明

結果説明検査終了後は、医師による検査結果を説明しております。検査画像を一緒に見ながら、分かりやすい説明を心がけております。鎮静剤を使わない検査の場合は、検査後すぐに説明をしてご帰宅頂きます。鎮静剤を用いた場合は、検査終了後お休み頂き覚醒してから、結果を説明しております。検査途中で組織採取した場合や、ピロリ菌感染検査を行った場合は、結果が出るまでに10日ほどかかります。またその頃に来院頂き、ご説明させて頂きます。検査の結果説明において、不明な点や気になる点がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

8ご帰宅後

ご帰宅後検査が終了して1時間後から飲食が可能です。最初の1口は、むせないか気を付けながら飲み込みましょう。少量の水と一緒に飲むなど、工夫してください。なお、検査途中で組織採取した場合は、検査翌日まで飲酒や激しい運動はお控えください。

胃カメラ検査の費用

※この表は横にスクロールできます。

検査内容 1割負担 3割負担
胃カメラ検査のみ 2,000円程度 6,000円程度
胃カメラ検査+病理検査 3,000円程度 9,000~12,000円程度

よくある質問

胃カメラ検査では保険適応となりますか?

基本的に、胃カメラ検査は保険が適用されます。ただし、医師が胃カメラ検査の必要性はないと判断した上で、患者様の希望により胃カメラ検査を実施した場合、保険は適応されません。

胃カメラ検査の費用はいくらですか?

上記に記載している料金表をご確認下さい。

胃カメラ検査に掛かる時間はどれくらいですか?

大きな問題が無ければ、基本的には5~10分で終了します。

受診当日に胃カメラ検査を受けることはできますか?

胃アニサキス症疑いなど、医師が緊急性が高いと判断すれば、検査を行うことは可能です。

麻酔の使用は可能ですか?

当院ではご希望される患者様に鎮静剤を使用して検査を行っております。

経口と経鼻ではどちらの検査が楽ですか?

経鼻内視鏡を受けた患者さんの7割の方は経鼻が楽だと仰り、残りの3割の方は経口の方が楽だと仰られております。鼻炎や蓄膿症をお持ちの方は、経鼻での内視鏡検査が苦しい場合があります。

簡単1分!胃がんセルフチェックシート

胃がんは早期の段階で発見できれば高い確率で治すことができます。しかし、胃がんの初期段階においては、自覚症状がほとんどないと言われています。痛みもなく、気づかないのが初期の段階です。したがって、疑わしい症状が現れた場合は早く検査を受けることが大切です。

あなたの胃がん危険度

※この表は横にスクロールできます。

番号 重要項目
1 現在ピロリ菌に感染している、または過去5年以内に除菌したことがある
2 胃潰瘍・十二指腸潰瘍になっている、またはなったことがある
3 慢性胃炎と診断された、または診断されたことがある

※この表は横にスクロールできます。

番号 基本項目
1 運動不足である
2 塩分の多い物をよく食べる
3 肥満である
4 タバコを吸う習慣がある
5 野菜や果物をあまり食べない
6 ファーストフードや炒め物などの脂っこい物をよく食べる
7 ご家族に胃がんになられた方がいる
8 お酒をよく飲む
9 貧血や立ちくらみがする
10 空腹時に胃が痛くなる

あなたの胃がん危険度は…

  • 胃がん危険度「低」
    基本項目のチェックが0~6個:
    胃がんの可能性は低いです。胃がんの早期発見ができるよう、定期的に検査を受けるようにしましょう。
  • 胃がん危険度「中」
    基本項目のチェックが7個以上:
    胃がんの可能性があります。胃がんの確認は様々な検査で行えますが、当院では安価で簡単に実施できる内視鏡検査を推奨しております。
  • 胃がん危険度「高」
    重要項目のチェックが1個でもついたら:
    胃がんの疑いが大きいです。早急に内視鏡検査を実施することをお勧めします。
keyboard_arrow_up